カテゴリー
芸術

何を表現したいのか分からないけれど、たしかに作品は生まれていく。

すべての作品にコンセプトはありません。

Ryota Yasudaのアート作品
過去の作品(タイトルなし)
Ryota Yasudaのアート作品
過去の作品(タイトルなし)
Ryota Yasudaのアート作品
過去の作品(タイトルなし)

すべての作品にコンセプトはありません。

絵を描いている一瞬一瞬は、過程であり「目的」でもあります。

そんな感覚です。

没頭して、集中して、無心で描いています。

好きで、楽しく、描いています。

出来上がった作品も、大好きで、気に入っています。

しかし、やはりコンセプトはありません。

下書きなく、白い紙の上に、模様が広がっていきます。

どのように広がるのか、自分自身も分かりません。

その時々の気分で、変わります。

その制作プロセス含め、心地良いと感じています。

『人になんと言われようが、周りから評価されなかったとしても、やっているだけで楽しくて夢中になれること』

これが自分にとっての、「好きなこと」の定義です。

自分は自分の感性にしたがって、絵を描き続けます。

死ぬまで描き続ける、と決めています。

何を表現したいのか分からないけれど、たしかに作品は生まれていく。

『表現したいものがあるから、表現する。』

自分の芸術活動は、その枠組みでは説明ができません。

対外的に、というより、自分自身に対しても(笑)

自分の作品を、自分が一番楽しみにしています。

なぜなら、何が生まれてくるのか、

描いている本人も分からないからです(笑)

すべてに心からの感謝を込めて。

2020年09月27日(日)

Ryota Yasuda (Peco)